nerumae.net

寝る前に来てね。寝る前じゃなくても来てね。

ドキドキ海外旅行

ビシェノ・ペンギン物語【8・完】

(これまでのおはなし) さて、この日がようやくやって来ました! ペンギンたちの卒業試験の日。 海に帰るための条件はこの3つです。 ◎ 人を避けるようになっている ◎ 毛がウォータープルーフになっている(きちんと水の上に浮かぶ) ◎ 十分な体重がある さ…

ビシェノ・ペンギン物語【7】

Tasmania タスマニアの東、Bicheno ビシェノの町外れにあるPademelon Park パディメロンパーク。ここで出会った夫婦と動物たちのお話を書いています。 これまでのお話はこちら ここのところ風邪で具合の悪かったジェフが、とうとう肺炎になってしまった。 …

ビシェノ・ペンギン物語【6】

ペンギンたちのお話のついでに、今日はタスマニアならではの野生動物たちに関するお話をすこし。 (前回までのおはなし) じつはイーリは、ペンギンツアーのガイドというの仕事の他に、ポッサムの毛を剥ぐという仕事もかけ持ちしている。 もう2,3年も続けて…

ビシェノ・ペンギン物語【5】

(前回までのおはなし) 「おはよう〜!」朝から元気に顔を出すと、いつになく悲しそうな顔でVicki ヴィッキーに迎えられた。 昨日の夜、ペンギンが1羽死んでしまったのだった。 もともと身体が弱かった上、前日に手伝ってくれた人がエサを与えるのに時間が…

ビシェノ・ペンギン物語【4】

(前回までのおはなし) タスマニア・ビシェノの町はずれにある Pademelon Park パディメロンパーク。 ここではたくさんの「ワケあり」の野生動物たちが保護されている。 親を亡くしたもの。怪我したもの。人にイタズラされたもの。 それぞれ成長を助けても…

ビシェノ・ペンギン物語【3】

(前回のおはなし) 時刻は17時30分。 ビシェノの町を散歩したり、海で遊んだり、図書館でPCをカタカタしたりしていたのを切り上げて、イーリの職場の駐車場に向かう。 午後の仕事を終えたイーリの車に乗せてもらって Pademelon Park パディメロンパークに向…

ビシェノ・ペンギン物語【2】

タスマニア、ビシェノの町はずれにあるPadimelon Park パディメロンパーク。 この場所で、夫婦で力を合わせて動物たちを懸命に生かして自然に還す Jeoff ジェフとVicki ヴィッキー に出会った。 わたしはタスマニア滞在中、ここでペンギンたちにエサをあげる…

ビシェノ・ペンギン物語【1】

ビシェノに来ても相変わらずのん気な毎日を送っている私だけど、1つだけ、ここでの日課がある。 それはなんと、ペンギンたちにエサをあげに行くこと。 「ボランティア」という言葉にあまりしっくりきていないのだけど(教わることが多すぎて奉仕できている気…

アレンのビール工場

(前編はこちら) パブを出て徒歩5分。到着したのはアレンの自宅となりにあるガレージ。これがまさに秘密基地のような様相だった。 ビール工場の他にも、ビリヤード、ダーツ、ギター、太鼓、大きなソファ。男の子の好きなものが雑然と、ぎっしり詰まっている…

ビシェノで夜遊び in タスマニア

さて、今日はビシェノでボーイズナイトに潜入してきました。 ビシェノの夜遊び、こんな感じでした。 パブは一択! 「友だちと飲みに行くんだけど一緒に行かない?」とイーリに誘われて出かけたのは、ビシェノの町にたったひとつしかないパブ Beachfront Bich…

いい日の理由

もしある日、自分がぐったり疲れていることに気づいたら、タスマニアに行ってみたらいいと思う。 もしある日、自分が本当は「何もしたくない」と思っていることに気づいたら、ビシェノの町に来てみたらいいと思う。 ここでは、ただ生きてるだけで満足してし…

スピッツの歌と山のぼり

ふと気づくと歌っちゃってる歌がある。 ♪ 明日 海を見に行こう 眠らないで二人でいこう 朝一番のバスで行こう 久しぶりに海へ行こう ♪ スピッツの「海を見に行こう」。何かにワクワクしているとき、気づくといつもこの歌が脳内再生されてる。この旅行中いち…

イルカと泳ぐのが夢だった

通勤中、あなたは電車に乗っています。 途中駅のホームに、ぐうぜん愛しのあの子を見つけたとします。あなたは電車を降りることができますか? 私は今日、電車を降りれませんでした。今日はそんなお話です。 愛しのあの子の正体は タスマニア・ビシェノ滞在4…

飯利史朗くんのおはなし

ビシェノでお世話になっているのは飯利史朗(イーリ)くん。大学時代からの友人だ。 イーリについて タスマニア・ビシェノの町から車で10分ほどのところに住んでいて、ジジという名前の黒猫を飼っているイーリ。 サーフィンとウクレレが趣味で、アワビ捕りの…

家族みんなで踊ったことはありますか

今日はBicheno ビシェノでロック・フェスティバル ”ROCK POOL”があった。場所は海辺の公園 Lions Park ライオンズパーク。 ビシェノでは年に2回こんなお祭りがあるそうで、地元の人が一同に集まる珍しい機会なのだそうだ。 夕方ごろから参加したのだけど、な…

ビシェノの朝の海

Tasmania タスマニア、Bicheno ビシェノにて2日目の朝。 仕事の前にサーフィンをしに行くという友人イーリ。私も車に乗せてもらって、海に連れて行ってもらった。 来たよ〜南半球の海! 海の青もきれいだけど、赤茶けた岩場がまたいいな。 青、青、白、灰 ビ…

みどりじゃない大自然、タスマニア

さて、今日はようやくバスに乗ることができる日です。 ビシェノに移動するバスの時間までホバートの街を散歩した。 移動は大事だよ 《 Hobart ホバート → Bicheno ビシェノ 》の運賃は37AUD(≒3000円)だった。「ビシェノに行くなら乗り継ぎしなくちゃいけな…

【海外女1人旅。メルボルン最終目的地タスマニアへやってきた…!】…そしてまたバスがない!!ホバートの街で出会った人たち

メルボルンで出会った人たちにもお別れをして、お昼の飛行機で出発。1時間ちょっとでTasmania タスマニアに到着した。 Hobartの空港にあるタスマニアンデビルのオブジェ。かわいい タスマニア初訪問は去年だった 前回タスマニアに来たのは去年の夏休み。自分…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】フレンドリーさもオージー・クオリティ! NGV International 国立美術館でおじちゃんと仲良くなるの巻

今日は昼からNGV International 国立美術館にお出かけ。 なんとも豪華な常設展は、びっくりすることにここでも無料だ(NGV Australiaも無料だった)。 今度はスムーズにクロークに荷物を預けられたよ。ほっ。 こうして出会った さてこの日ここで、私はメルボ…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】メルボルンで一番クールな場所はここだ!アボッツフォード修道院と善意のレストラン「Lentil as Anything」

みなさん。突然ですが、メルボルンで一番クールな場所はどこかご存知ですか。 フェデレーション スクエア? 違います。 セント・ポールズ大聖堂? 違います。 ビクトリア国立美術館? 違います。 ロイヤル植物園? 違います。 正解は、Abbotsford Convent ア…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】焦らない。現実を台無しにしない。フランス人から学んだ「おとなの余裕」

夜に庭でパソコンをカタカタしていたら、宿泊先でできた友だちケビンが「映画見る?」と誘ってくれた。 見る見る! と二つ返事。ケビンがテーブルを動かしてくれて、テントが映画館になった。 ぜいたくな時間だった 見たのは Now You See Me 2。(邦題は「グ…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】写真撮影もOK!常設展無料!NGV Australiaビクトリア国立美術館 オーストラリア館を見てきた

お昼は見たかった美術館 NGV Australia (National Gallery of Victoria) ビクトリア国立美術館 オーストラリア館 の常設展を見に行った。Federation Square フェデレーション・スクエアにあります。 この建物はIan Potter Centre イアン・ポッターセンターと…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】オーストラリアから見る戦争の歴史。メルボルンのShrine of Remembrance 戦争慰霊館に行ってきた。

今日はメルボルンにある Shrine of Remembrance 戦争慰霊館に行ってきた。 戦争。奥歯がズキズキしてきそうな話題ですが歯医者の定期検診みたいなものだと思っておつきあいください。 私の乏しいオーストラリアのイメージが乏しすぎる まず私の頭のなかでオ…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】お金がなくても旅はできる。たまたま出会ったフランス人の2人に教えてもらったこと

今回airbnbで見つけた宿は「バックヤード・グランピング」。 名前だけだと伝わりにくいけど、オーナーの家のお庭に建てられた大きなテントでのステイだ。テント内にベッドもソファもテーブルもある。ソファに座ってぼーっとしてると、モンゴルの草原の中にい…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】セント・ポールズ大聖堂にセント・パトリック大聖堂。いろいろはみ出すメルボルン観光

ドタバタの到着だったけど、ぐっすり眠って朝がきた。 ホスト家族と挨拶をして、電車の乗り方、バスの乗り方、ここは行った方がいい!という場所を色々教えてもらう。お母さん、娘さん、可愛い赤ちゃんの3世代女性一家。昨日の顛末を話したらお母さんが「は…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】きたよ、メルボルン! のっけから現地の人に助けてもらってしまったお話。

さて、今日からながーいオーストラリア編が始まります。 マレーシアはクアラルンプールを出発して、やって来たのは Melbourne メルボルン。文化的、芸術的に優れた都市です(なんとなくそんな感じです)。世界一住みたい都市No.1にも6年連続で選ばれてるんで…

【マレーシア女1人旅。旅行記Day.7】必訪!イスラム美術館で考えたイスラム教と信仰について

何だろう、宗教って。 昔から宗教に関心があった。というか、不思議に思っていた。特定の宗教を信じて一生を過ごすのって、「自分は特別な存在だ」という気持ちを捨てることに近いような気がしていた。 たとえ誰も「あなたって特別ね」と思ってくれなくった…

【マレーシア女1人旅。旅行記Day.6】美味しすぎるLA JUICERIAのラップサンドとヒンズー教の聖地バトゥ洞窟。

さて、今日はマレーシアで食べた中で一番美味しかったものをご紹介します。 KLCC駅改札出てすぐのところにあるLA JUICERIAで食べた昼ごはん。 最高だ! Nasi Lamek Wrap(ナシ ラメク・ラップ)@ LA JUICERIA お洒落だし自然派志向だし、どうせお上品な感じ…

【マレーシア女1人旅。旅行記Day.5】かわいすぎるピンクモスク(プトラモスク)に行ってきた!シンガポールラクサの美味しいことよ

あきちゃんとのクアラルンプール旅行もあっという間にさよならの日がやって来ました。最寄り駅Titiwangsaのフードコートで一緒に朝ごはんを食べて、KLセントラル駅までお見送りした。 サンデーナイト・フィーバーしたよ 昨日の夜はブキッ・ビンタン(Bukit B…

【マレーシア女1人旅。旅行記Day.4】世界で4番目の大きさ! 通称ブルーモスクでイスラム教について勉強してきた

おはようございます。宿泊しているTitiwangsa(ティティワンサ)にあるフードコートでオレンジジュースをテイクアウトにしてもらったら、こんな袋で出てきた朝です。夜市で金魚買った帰りみたい。 昼ビール&マレーシアらしい食事 今日はあきちゃんと、チャ…