nerumae.net

ゆっくり生きよう。だいじに暮らそう。

スマホ日記 ベルギーのコインランドリーより 洗濯が終わるのを待ちながら

土曜日のお昼。いまコインランドリーにいます。 スーツケースに詰め込んで持ってきた洗濯が洗い終わるのを待っています。他の洗濯機が使われていたので、1番大きい18キロまで洗える洗濯機を使う以外の選択肢がありませんでした。12ユーロ(1500円くらい)も…

スマホ日記始めました。ベルギーからの独り言

おらは死んじまっただーという歌を口ずさんでいることが最近多いのだけど、どういう心理状態の現れなのだろう。元気に生きてます。とてもとても。 寒いのかと思っていたベルギーも、地球温暖化のせいか最近は暖かいです。風邪などもひいていません。 肩こり…

【ベトナム新婚旅行!ムイネ編】砂丘、ビーチ、プールに夜のパーティー。ホテルも楽しすぎたムイネの思い出。

ホーチミンから東に220km。6時間ほどの道のりを寝台バスに乗ってやってきたのは小さなビーチリゾート、ムイネ Mui Ne。 ここで私たちは3泊4日しました。 上下2段、足も伸ばせるスリーパーバス。ブランケット&お水つき。 ムイネは色々ちょうどいい ムイネは…

【ベトナム新婚旅行!日帰りメコン川クルーズ編】肥沃な三角州、メコンデルタで育つ果物や動物たちの記録

ホーチミンからスタートした夫ニレちゃんとの新婚旅行。2日目は朝から前日にツアー会社で予約したメコン川クルーズに出発!1. ホーチミン市街から車で出発 2. メコン川に到着 3. エンジン付きの船で中洲にある島へ移動 4. ココナツキャンディ作りを見学 5. …

【新婚旅行記ホーチミン編】スクーターでゴー!サイゴン大教会に戦争証跡博物館にクラフトビールの1日。

ホテルの人に教えてもらってまず向かったのはバックパッカーストリートと呼ばれる通りにあるスクーターレンタル屋さん。ツアー会社が貸出していました。この後も各地で借りたけどスクーター1日レンタルは安くて80,000ドン(400円)、高くて160,000ドン(800…

新婚旅行はベトナムへ! ホーチミンからハノイまでベトナム8都市訪問、南北縦断の旅

新婚旅行でなぜベトナム?南の大都市ホーチミンからスタートして、小さなビーチタウンのムイネ、現地の人たちの新婚旅行地としても人気の避暑地ダラット、世界中からの観光客で賑わうビーチタウンニャチャン、世界最大級の洞窟と大自然のフォンニャ…

【はじめての海外移住】水が硬水、公用語は3カ国語…!住みやすい?住みにくい?ベルギーでの移住生活。

Dag! (こんにちは) ベルギー・フランダース地方の都市ゲント(Gent / Ghent)に引っ越してきて2ヶ月。 国民性は穏やかで、人々の生活はのんびり。東京での暮らしほどコンテンツに富んではいないけど、暮らしやすい気候とある程度整ったインフラと、ヨーロ…

【海外移住】ベルギーに移住して2ヶ月!現地での家探し&賃貸契約のしくみと移住生活で困った3つのこと

初の海外移住。日本出国時に大変だったこと3つ 1. 手続き関係 今回の移住が海外赴任ではなく現地就職のため、日本に帰ってくる予定は未定。そのため銀行口座、年金、家やネットやスマホなど様々な契約をすべて解約または整理する必要があった。1つ1つやって…

【不定期更新】 ~インド人夫との国際結婚と日々の生活の記録~

インド人の彼と付き合い始めて2年半。結婚して半年たちました。インドで生まれ育ったからなのか、ニレちゃんの個人的な性質なのか、まだまだ毎日「え!?」とびっくりしてしまうような&笑ってしまうような出来事がたくさん。 そこはそんなにしっかりやってく…

【インドで国際結婚】新郎の家に新婦が入る日。ヒンドゥー教式 親睦イベント

ヒンドゥー教では新婦が新郎の家に入るのは特別なイベント。ヒンドゥー教徒の習わしとして、新しく家に入る新婦は「女神(ラクシュミ)」の化身として扱われるという。 ラクシュミは富と繁栄の女神。新婦が初めて新郎の家に入る瞬間も "ラクシュミが家にやっ…