nerumae.net

インド人の夫とベルギーで2人暮らし中。30代前半から仕事を辞めて海外1人旅をスタートし帰国後夫と出会って国際結婚したり海外移住したり。何歳になっても勉強しながら楽しく自由に生きることを誓います。

海外旅行記-タスマニア・ペンギン物語

オーストラリアのタスマニアで出会った夫婦はペンギンやワラビーや野鳥にウォンバットなど怪我したり孤児になった動物を保護して自然に返す活動をしていました。少しの間ボランティアもさせてもらいました。

(第8話)保護していたペンギンたちを海に返す日。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

(前回までのおはなしはこちら) さて、この日がようやくやって来ました! ペンギンたちの卒業試験の日。 海に帰るための条件はこの3つ。 人を避けるようになっている 毛がウォータープルーフになっている(きちんと水の上に浮かぶ) 十分な体重がある さて…

(第7話)野生動物は不調を見せない。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

タスマニアの東、ビシェノ Bichenoの町外れにある動物保護施設パディメロンパーク。ここで出会った夫婦と動物たちのお話を書いています。 ある日私たちがエサ用の魚を捌いていたとき。部屋で別の作業をしていたヴィッキーと世間話をしていた。会話の途中で、…

(第6話)環境問題に対する自分の理想を持とう。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

最初はタスマニアに移住してきて、この土地で生きていくために見つけた仕事だった。家族ぐるみで親しいボスと、淡々とこなすこの肉体労働を、イーリはいま気に入っている。「ペンギンを守ろうとしてる一方で、ポッサムの毛を剥いでお金もらってるって、何か…

(第5話)動物保護の「お手伝い」のハードルは高い。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

「おはよう〜!」朝から元気に顔を出すと、いつになく悲しそうな顔でヴィッキーに迎えられた。 昨日の夜、ペンギンが1羽死んでしまったのだった。 野生の動物を人の手で扱うのはとても難しい もともと身体が弱かった上、前日に手伝ってくれた人がエサを与え…

(第4話)ペンギンの羽の防水はおしりに秘密があった。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

大人に近づくにつれて、ペンギンたちは段々と人の手からエサをもらうのを怖がり、嫌がるようになる。「エサなんか要らん! 今すぐここから出せ〜!」嫌がるペンギンたちを見ながら、ヴィッキーがよくアテレコしていた。野生がしっかり身についている証拠だか…

(第3話)ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

タスマニアでは、動物と車の接触事故(ロード・キル road kill)がとにかく多い。実際に車で道路を走っているとあちこちに動物たちの死骸を見かける。ウォンバットやカンガルーたちはお腹の袋で育児をするため(有袋類)、交通事故のときお腹にいた子供だけ…

(第2話)動物たちの保護施設、パディメロンパークの1日。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

タスマニア、ビシェノの町はずれにあるパディメロンパーク Padimelon Park。この場所で、夫婦で力を合わせて動物たちを懸命に生かして自然に還すジェフとヴィッキー に出会った。わたしはタスマニア滞在中、ここでペンギンたちにエサをあげるお手伝いをさせ…

(第1話)オーストラリアでペンギンに餌をあげた日。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

ペンギンたちがいるのはイーリの家から1.5キロほど離れたところにあるパディメロン・パーク Pademelon Park 。ここは、タスマニア内で怪我をしたり病気になったり、親を亡くしたりした動物たちが保護されてやってくる、動物たちの非営利目的のリハビリセンタ…