nerumae.net

ゆっくり生きよう。だいじに暮らそう。

女1人、時々2人。海外旅行の記録です

【タスマニア滞在記】庭で『モモ』を読みながら考えた 〜ビシェノで読書感想文〜

今朝は午前中を庭で過ごした。 水色のペンキで塗られたデッキに腰掛けて、朝食にはあったかいスープと、バナナとビスケット。 ビシェノの海の上に浮かんでいる太陽が、冷え込んだ夜を少しずつ温めていっているのが分かる。そして太陽のほうを向いている私の…

【タスマニア滞在記】スワンシーでワインとアイスを堪能。Kates Berry Farmでお土産を買おう

「せっかくの休みだし、どっか出かける?」とイーリと出かけたある日。 出発10分で飛び入り参加が…! 家から出発して車を走らせていると、10分くらいしたところでヒッチハイカーに出会った。 22,3歳の、ものすごく背が高いフランス人の男の子。名前を忘れて…

【タスマニア滞在記】生捕アワビにフィッシュアンドチップス!ビシェノでシーフードを堪能。

ある日のこと。 イーリが仕事の前に「ちょっと海行ってくる」と出かけていった。 家でのんびりしていると、2時間も経たないうちに戻ってきた。 朝からサーフィンなんて元気あるなあ、なんて思っていたら… なんとイーリの手にはネットに入った大漁のアワビが…

【オーストラリア・タスマニア滞在記】ブロウホールと野生のオットセイ発見! 素敵な案内人、クロエ。

(ビシェノの海岸にて)え、シールってなんだっけ。オットセイ?!ほんとだ。肉眼だと点にしか見えないけど、確かにそれっぽいのがいる!!「何頭いるんだろう…。3頭? 4頭?」と写真を撮りながら確認するわたし。ゆっくり撮ってね、と見守ってくれるクロエ…

【オーストラリア滞在記】タスマニアに来たらフレシネ国立公園に行こう!

さて、今日はお久しぶりの観光記録です。 訪れたのはフレシネ! タスマニアで1,2を争う観光名所です。 オーストラリア・タスマニアの東部。フレシネはココ! タスマニアの東に位置する Freycinet Peninsula フレシネ半島は、半島全体が国立公園に指定されて…

(第8話)保護していたペンギンたちを海に返す日。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

(前回までのおはなしはこちら) さて、この日がようやくやって来ました! ペンギンたちの卒業試験の日。 海に帰るための条件はこの3つ。 人を避けるようになっている 毛がウォータープルーフになっている(きちんと水の上に浮かぶ) 十分な体重がある さて…

(第7話)野生動物は不調を見せない。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

タスマニアの東、ビシェノ Bichenoの町外れにある動物保護施設パディメロンパーク。ここで出会った夫婦と動物たちのお話を書いています。 ある日私たちがエサ用の魚を捌いていたとき。部屋で別の作業をしていたヴィッキーと世間話をしていた。会話の途中で、…

(第6話)環境問題に対する自分の理想を持とう。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

最初はタスマニアに移住してきて、この土地で生きていくために見つけた仕事だった。家族ぐるみで親しいボスと、淡々とこなすこの肉体労働を、イーリはいま気に入っている。「ペンギンを守ろうとしてる一方で、ポッサムの毛を剥いでお金もらってるって、何か…

(第5話)動物保護の「お手伝い」のハードルは高い。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

「おはよう〜!」朝から元気に顔を出すと、いつになく悲しそうな顔でヴィッキーに迎えられた。 昨日の夜、ペンギンが1羽死んでしまったのだった。 野生の動物を人の手で扱うのはとても難しい もともと身体が弱かった上、前日に手伝ってくれた人がエサを与え…

(第4話)ペンギンの羽の防水はおしりに秘密があった。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

大人に近づくにつれて、ペンギンたちは段々と人の手からエサをもらうのを怖がり、嫌がるようになる。「エサなんか要らん! 今すぐここから出せ〜!」嫌がるペンギンたちを見ながら、ヴィッキーがよくアテレコしていた。野生がしっかり身についている証拠だか…

(第3話)ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

タスマニアでは、動物と車の接触事故(ロード・キル road kill)がとにかく多い。実際に車で道路を走っているとあちこちに動物たちの死骸を見かける。ウォンバットやカンガルーたちはお腹の袋で育児をするため(有袋類)、交通事故のときお腹にいた子供だけ…

(第2話)動物たちの保護施設、パディメロンパークの1日。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

タスマニア、ビシェノの町はずれにあるパディメロンパーク Padimelon Park。この場所で、夫婦で力を合わせて動物たちを懸命に生かして自然に還すジェフとヴィッキー に出会った。わたしはタスマニア滞在中、ここでペンギンたちにエサをあげるお手伝いをさせ…

(第1話)オーストラリアでペンギンに餌をあげた日。ビシェノ・ペンギン物語【タスマニア滞在記】

ペンギンたちがいるのはイーリの家から1.5キロほど離れたところにあるパディメロン・パーク Pademelon Park 。ここは、タスマニア内で怪我をしたり病気になったり、親を亡くしたりした動物たちが保護されてやってくる、動物たちの非営利目的のリハビリセンタ…

【タスマニア滞在記】まるで秘密基地!男の子の夢が詰まったアレンのビール工場

(前編はこちら) パブを出て徒歩5分。到着したのはアレンの自宅となりにあるガレージ。これがまさに秘密基地のような様相だった。 アレンの秘密基地とビール工場 ビールサーバーの他にも、ビリヤード、ダーツ、ギター、太鼓、大きなソファ。男の子の好きな…

【タスマニア滞在記】パブで集合からの家飲み。飲酒運転できるタスマニア・ビシェノの夜遊び

オーストラリアの法律では、血中アルコール濃度が0.05(1時間にビール1杯程度)より低ければ運転してもOKと決められている。つまり、少しのお酒であれば飲酒運転で捕まったりはしない。夜になると道路はほとんど車が走ってないし(その代わりに野生動物はた…

【タスマニア滞在記】ただ生きてるだけで満足できる。日々に疲れたらタスマニアに行ってみよう。

もしある日、自分がぐったり疲れていることに気づいたら、タスマニアに行ってみたらいいと思う。もしある日、自分が本当は「何もしたくない」と思っていることに気づいたら、ビシェノの町に来てみたらいいと思う。ここでは、ただ生きてるだけで満足してしま…

【タスマニア滞在記】セントメリーズ St Marysのセントパトリックスヘッド St Patricks Head で登山しよう!

やまのぼり! それが今日のワクワクの理由です。朝から、タスマニアの北東にある町 St Marys セントメリーズに向かう。今日登るのは St Patricks Head セント パトリックス・ヘッド。国立公園ではないけれど、Tasmanian State Reserve といって、州が指定す…

【タスマニア滞在記】イルカと泳ぐのが夢だった。あなたの人生のTODOリストはなんですか

タスマニア・ビシェノ滞在4日目の今日。朝から偶然見つけた愛しのあの子は、実は野生のイルカでした。サーフィンが趣味のイーリは仕事にむかう途中で車をとめて波の状態をみるのが日課になっているそうで、今日も同じように車を止めていた。波のことなんてよ…

【タスマニア滞在記】東京である日脱サラしてタスマニアに1人で移住したイーリくんのお話

仕事は、ビシェノにあるサーフショップのショップスタッフ&ペンギンツアーのガイドをしている。夜になると浜辺に上がってくる野生のペンギンたちを観光客や地元の人と一緒に観察しながら、ペンギンの生態や環境について話をする、というのがペンギンツアー…

【タスマニア滞在記】ビシェノの音楽フェス。家族みんなで踊ったことはありますか?

今日はBicheno ビシェノでロック・フェスティバル ”ROCK POOL”があった。場所は海辺の公園 Lions Park ライオンズパーク。 ビシェノでは年に2回こんなお祭りがあるそうで、地元の人が一同に集まる珍しい機会なのだそうだ。 夕方ごろから参加したのだけど、な…

【タスマニア滞在記】ビシェノの朝の海

青、白、灰のグラデーションの海。ビシェノのビーチの砂は灰色。そしてすごくきめが細かい。朝日が砂にキラキラ反射してまぶしい。空の青と、海の青と、波の白と、砂の灰色。カモメも犬もうっとりしちゃうような自然のトーン。海の近くを散歩しながらはしゃ…

【タスマニア滞在記】みどりじゃない大自然。「世界で最もピュアな場所」タスマニア

Hobart ホバート → Bicheno ビシェノの運賃は37AUD(≒3000円)だった。「ビシェノに行くなら乗り継ぎしなくちゃいけないよ!」という運転手さんの言葉に、え、ほんとですか! と面食らいつつもとにかくバスに乗り込んだ。タスマニアの南に位置する中心都市 …

【海外女1人旅。最終目的地タスマニアへ】そしてまたバスがない!!ホバートの街で出会った人たち

つながらない公衆Wi-Fiをウロウロしながら拾い続けて1時間。やっとのことで近くに25AUD(≒2000円)のバックパッカー宿を予約する。地図を目に焼き付けて、スーツケースをのそのそと転がしながら再出発する。何はともあれ、ようやくホバートで行く場所が見つ…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】NGV International 国立美術館でおじちゃんにナンパされるの巻

NGV国立美術館でおじちゃんと身の上話 さてこの日ここで、私はメルボルンで初めてのナンパをされた。 美術館のスタッフさんに、である。 2階にあった中国のアートの展示を写真に撮っていると(フラッシュなしならOKというルール。いろいろと太っ腹だ)、スー…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】メルボルンで一番クールな場所はここだ!アボッツフォード修道院と善意のレストラン「Lentil as Anything」

みなさん。突然ですが、メルボルンで一番クールな場所はどこかご存知ですか。 フェデレーション スクエア? 違います。 セント・ポールズ大聖堂? 違います。 ビクトリア国立美術館? 違います。 ロイヤル植物園? 違います。 正解は、Abbotsford Convent ア…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】焦らない。現実を台無しにしない。フランス人から学んだ「おとなの余裕」

1人でいると起こることは全て自分の責任だけど、2人でいると、相手のせいにすることが簡単になってしまう時がある。なにか差し迫っていることがある時は特に。ケビンとジョナサンの2人を見ていたら、余裕って持っているお金や時間のことではなくて、これから…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】写真撮影もOK!常設展無料!NGV Australiaビクトリア国立美術館 オーストラリア館を見てきた

お昼は見たかった美術館 NGV Australia (National Gallery of Victoria) ビクトリア国立美術館 オーストラリア館 の常設展を見に行った。Federation Square フェデレーション・スクエアにあります。 この建物はIan Potter Centre イアン・ポッターセンターと…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】オーストラリアから見る戦争の歴史。メルボルンのShrine of Remembrance 戦争慰霊館に行ってきた。

海の向こう。広〜い土地の中で人々(先住民)がのんびり暮らしていたむかしむかしのオーストラリア。そんな平和な土地にも、ヨーロッパ人の世界探検、大航海時代がやって来た。それから入植と開発、原住民アボリジニに対する襲撃・虐殺が進む。

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】お金がなくても旅はできる。2人のフランス人に教えてもらった節約旅行術

今回の宿泊先で2人のフランス人男性、 ジョナサンとケビンに出会った。2人は同じ庭内に小さなテントを張って2人で寝泊まりしている。カップルかな。友達かな。airbnbには他のプランはなかったし、この人たちはどういう経緯でここにいるんだろう…とちょっと気…

【オーストラリア女1人旅 メルボルン編】セント・ポールズ大聖堂にセント・パトリック大聖堂。いろいろはみ出すメルボルン観光

電車に乗り継いで、中心部のMerbourne Central St. メルボルン・セントラル駅へ。特に何を見ようとも決めず、ふらふら散歩した。メルボルン、なにもかも大きい。道路でしゃがんだり建物から離れたりして、どうにかフレームに収めようと頑張ってる私を想像し…